すべての中古車販売店が悪いわけではない

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - すべての中古車販売店が悪いわけではない
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
すべての中古車販売店が悪いわけではない知っておきたい中古車情報

“一部の悪い中古車販売店の悪質な行為により、他社の評判も落ちてしまうことがある。嘆かわしいことであるのと同時に、激しい憤りを覚えてならない。

過去の記事を掘り返していたら、事故車であったにもかかわらず、それをきちんと表記せずに中古車の販売専門誌に表記していたとして違反行為が認められた事件がとあるインターネットサイトで載っていた。景品表示法・第4条第1項第1号(優良誤認)に該当する行為で、食品偽造などもこれに当てはまる。

中古車の「事故車」とは、本来「修復歴車」と言い修理した車を示す。従って修理していなければ「事故車」にはならないのだが、壊れたままの車は販売できないので、修繕費として下取りから引くことがほとんどだ。もちろん修繕した箇所は販売時に提示することが義務付けられている。

しかし一方で在庫を高く売りたいがために修復履歴を表記から消したがる業者が存在する。そういった悪質な業者が中古車の販売市場に狂いをもたらすのだ。こうした悪質な店舗が減らない一方で、実に誠実に対応してくれる店舗も存在することをどうか忘れないでほしいと心から願っている。”