中古車でも新車でも、査定には努力が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 中古車でも新車でも、査定には努力が必要
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
中古車でも新車でも、査定には努力が必要知っておきたい中古車情報

自動車会社で営業をしている友人がいるのだが、その友人の話によると「中古車に乗り続ける人はずっと中古車だし、新車を買うは新車に乗り続ける」とのことだった。もちろんすべての人に通用するわけではないのだが、友人曰く「下取り価格の問題だと思う」と言っていた。

たとえば中古車に乗っていた方が新車を購入しようと持ち込んで査定をすると、かなり値段が落ちてしまう。持ち主が替わった車と言うのは型式がかなり古いものが多く、また走行距離も10,000㎞以上走った車がほとんど。他社製品だからということは関係なく、中古車の査定基準で調べるとどうしても値が落ちるらしい。どんなにがんばっても2~3万円上げられればいいほうだそうだ。

しかし以前購入した中古車販売店なら他店の価格を聞いて努力をしてくれるので、結局そちらへ持って行って、そこで購入してしまうというリサイクルができるのだとか。新車販売も同様で、だから同じ会社の車に乗り続ける人もいる。査定と販売のときに価格変動という形で努力してくれるからだ。

中古車を査定するには確かな目以上に、最終的には営業としての努力が求められているのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">