中古車でも新車でも、査定には努力が必要

自動車会社で営業をしている友人がいるのだが、その友人の話によると「中古車に乗り続ける人はずっと中古車だし、新車を買うは新車に乗り続ける」とのことだった。もちろんすべての人に通用するわけではないのだが、友人曰く「下取り価格の問題だと思う」と言っていた。

たとえば中古車に乗っていた方が新車を購入しようと持ち込んで査定をすると、かなり値段が落ちてしまう。持ち主が替わった車と言うのは型式がかなり古いものが多く、また走行距離も10,000㎞以上走った車がほとんど。他社製品だからということは関係なく、中古車の査定基準で調べるとどうしても値が落ちるらしい。どんなにがんばっても2~3万円上げられればいいほうだそうだ。

しかし以前購入した中古車販売店なら他店の価格を聞いて努力をしてくれるので、結局そちらへ持って行って、そこで購入してしまうというリサイクルができるのだとか。新車販売も同様で、だから同じ会社の車に乗り続ける人もいる。査定と販売のときに価格変動という形で努力してくれるからだ。

中古車を査定するには確かな目以上に、最終的には営業としての努力が求められているのかもしれない。

中古車で買うのか、新車購入かは事情次第

車を購入するとき、最初に悩むのが車の大きさだと思います。すでに欲しい車種があれば別ですが、軽自動車にしようか、それとも普通車にしようかと、家族構成や購入後の維持費などを考えて車種を選別するはずです。

次に問題となるのが購入したい車の値段。軽自動車でも、新車で購入するならオプションなど諸経費諸々あわせて100万円前後が大体の相場。これは簡単に決められる値段ではありません。

車体値段で折り合いがつけられなかったとき、考えるのが中古車ではないでしょうか。中古車の場合、軽自動車や人気車種であれば高くなりますが、人気車種を除外すれば普通車などは格安の値段で手に入ることもあります。

ただし他人が乗っていた車であるため、たとえば煙草の臭いや内装についたヤニ、ペットの臭い、走行距離、事故車で修復歴がありかもしれません。ですが、それらを差し引いても中古車の購入は新車よりも安く済みます。どの車をどのように購入するかは個人の自由ですが、自分が満足のゆく買い方ができるのなら、それにこしたことはないですよね。

幼い頃に見たCMで、中古車売買の会社を思い出す

関西出身で中古車を扱う会社といえば、たいていの方が「放出」と書く難読地名と同じ読み方をする会社を思い浮かべられるかもしれない。「放出」は、正確には大阪市鶴見区と城東区にまたがる地名であり、その会社もその地域にあるために社名をつけられたのだと思われる。

しかし中古車とはまったく無縁のセクシーな女性が、セミヌード姿で「あなた、車売る?」と尋ねてくるCMは関西圏では有名で、誰もが名前を聞けば思い出すCMのひとつだろう。かくいう私もその一人で、中古車売買と聞けばそのCMがポンと脳裏へ浮かんでくる。まったく刷り込みとはよく言ったもので、中古車=セクシー女性となっているから怖いものだ。

本来の目的である中古車の売買はどこへ行ったのかと思えるほどの覚え方だが、きちんと社名も覚えているし、会社概要もなんとなく理解している。そのため中古車を売買するならその会社というイメージが脳内で確立している。

映像が会社概要とかけ離れているとしても、インパクトのあるカットを使用し端的に説明することで多くの人に業種を理解してもらえている。この中古車販売のCMはそれに成功している良い例だろう。